全ての人にメリットがある空き家の活用法

最近の空き家問題に関する取り組みについて

 

最近は高齢化の影響などもあり、一人暮らしをしていた高齢者が亡くなりその土地が放置されたりといった事が、だんだん増えてきて社会問題になっているみたいですね。

そんな中更地や空き家のままというのは、出来るだけやらない方がいい選択肢だと思います。

 

最近はこれに関してはTVなどでも何度も取り上げられているのを見た事がありますが、こういう土地は不法投棄の場所になってしまったり、そのせいで悪臭の元になったり虫などが大量発生したりする事件が起きているそうです。

地域住民の迷惑にもなりかねないので、別の選択肢を選んだ方がいいと思います。

 

そうなると売るか貸すかという事になりますが、最近は土地を有効活用する為に貸すことが多いそうですね。

駐車場にして貸したり、マンションなどを建てて活用などといった手段もありますが、土地の規模によっては無理ですし、初期投資の費用も掛かります。

そこで最近注目されている手段の一つとして、空き家をお店を開きたい人に貸すという事があるそうです。

 

最近TVで見て少しうろ覚えなのですが、新しくお店を開きたい人に空き家を貸すと、自治体がリフォームの費用などを出してくれるそうです。

自治体は先に書いたような問題があり空き家を作りたくないし、貸す側はリフォームをしてもらえるので建物の老朽化問題などを気にする必要がなくなり、借りる側もお店を開く初期費用が安くなるなど、全ての人にメリットがあるそうです。

 

こういう例以外にも、自治体によっては空き家問題には色々な取り組みをしているみたいなので、一度その空き家の自治体がどの様な取り組みをしているのかを調べてから判断してもいいと思いますよ。