空き家対策は空き家バンクに依頼

日本でも深刻化しつつある空き家問題

 

家族が引っ越した後の空き家対策ですが、今そのまま放置している人も多く、そのままゴミが溜まって近隣に迷惑を掛けたり、悪戯による放火などが増えている事もあり、ニュースでも頻繁に取り上げられる程の社会問題になっているので早期に問題解決を図る事をお勧めします。

 

ズバリ空き家をどのように活用するか?ですが、家族の誰かが住むというのが一番良心的ですが、経済的に困っているなら賃貸物件にして家賃収入源にしたり、直ちに売却して現金化する方法もあります。

 

もし近い将来その空き家に誰かが住む予定が立っているなら短い期間なら空き家のままにしておいてもいいですが、固定資産税が掛かってくる問題もあるので、誰かが住居する見通しが立ってなければ、いっそ売却か賃貸にしてしまうほうが時間の無駄になりません。

 

長い期間空き家だった時期を経ても、我々が予想している以上に家屋は老朽化が進むものなので、仮に誰かが物件を気に入っても結局は全面リフォームか、建て替えを余儀なくされる恐れがあります。

 

そして敢えて更地にしておく、契約駐車場にする手もありますが、れっきとした建物がない限り、固定資産税が倍以上に膨れ上がるデメリットがあるので、やはり空き家は売却または貸すというのが最も賢い方法です。

 

最近は空き家対策として、(空き家バンク)というシステムを自治体で普及させている地域があり、他の地方から移住してくる予定のある人や地元住民に、インターネット上で空き家情報を公開して有効活用させています。

 

もし、どうしても空き家の処分方法に困っている場合は、この(空き家バンク)に問い合わせてみるのも良いかもしれません。

 

また予め空き家の査定を不動産会社に依頼し、その価値を見極めてから効率が良い売却方法をアドバイスして貰うなど、選択肢は様々あるので、空き家にするか悩んでいる人は是非相談してみましょう。