売らないのなら現状維持がベスト

住まなくなった持ち家の処分は困ることが多いです。

 

実家に貸していた家があるのですが、老朽化がすすみ貸し出しても借り手が見つからないため、処分に困っています。
勿論誰も済まなくなった家は荒れるので、そのままにしているよりは貸したほうが賃貸料も入るため、借り手が見つかれば貸すのがベターでしょう。

 

ですが都合よく借り手が見つかるとは限りません。

地立地条件や築年数によっては借り手が見つからない場合は多いでしょう。

今は住宅があまっています。

 

あとは経済状態で売るかどうかですが、ローンなどとの兼ね合いもあります。

売れるなら、住宅価値はどんどん下がっていきますし、段々住宅があまってきていて飽和状態になると言われています。

早いうちに売ったほうが良いと思います。

 

売るのが一番ベストだと思いますが、将来家族の誰かがいずれ家を建てるかもしれないので、売らないで取っておきたいという方もいるかもしれません。

 

そういう場合は、空き家のまま保有するしかありません。

何故なら、更地にしてしまうと固定資産税が何倍にもあがってしまい、賃貸にもしていないのに税金だけで物凄い金額が取られてしまうからです。

 

ただ注意してもらいたい点は、空き家だからといってそのまま放置していると、崩壊する恐れもありますので、定期的には点検をする必要があります。

 

お勧めとしては、税金がかからないために今のうちに売り出しをする。

賃貸が出来るのなら貸しに出すですが、その2つが無理なら更地のままで保有することです。