持ち家は更地にしてしまうのがおすすめです

住まなくなってしまった家の活用方法は様々ですし、人によって考え方なども色々とあるのではないかと思います。

私個人の経験から考えてみますとやはり住まなくなってしまった家は、更地にしてその土地を売却するというのが一番良いように感じます。

土地を売却すればお金が入りますし、悪くはない選択なのではないでしょうか。

 

他の方法を見てみますと、空き家にしておくとメンテナンスが大変だと思います。

何故なら人の住まなくなった家は傷みが早いからに他ならないからですね。

 

またいずれ戻ってきて住むならば残しておくのも良いのですが、やはりコスト面を考えると慎重にならざるを得ません。
家の売却というのも良いかもしれませんが、手数料が大きくかかってきますし、デメリットが多い様に感じます。

ただ家を売却したお金は手元に残りますね。

 

個人的に一番おすすめできないのは、人に貸す事でしょうか。

コスト面にしてもそうですし、入居者とトラブルを起こしてしまうという可能性が捨てきれないですね。

ただこちらもいずれ戻ってきて住むのであれば、その間だけ誰かに貸すのはありかもしれません。

 

家というのは、住んでいた人達の思い出が沢山詰まったところでもありますので、更地にしてしまうのは抵抗があるという場合もあるかもしれません。

いずれにしてもよく話し合いをした上で、後悔のない様な選択をなさって下さいね。

少しでも参考になりましたら嬉しいです。