住まなくなった持ち家は有効活用しよう

住まなくなった持ち家を今後どうしようかと考えた時、まず最初に浮かぶのは売却でしょう。
立地もよく築年数が浅い家ですと、売却も比較的スムーズでしょう。

 

しかし、年数も経過し建物の価値がなくなると、家での売却というよりは土地に古家がついているというような見方をされますので、売却価格も土地値から建物解体費分を引かれた形で、かなり安くなってしまいます。

 

私がお勧めしたいのは、賃貸にすることです。
賃貸ですと家の修繕費等はかかりますが、入居者がいると毎月家賃収入を得られます。

 

また、アパートやマンションよりも貸家はファミリーに人気があります。
賃貸用に戸建を所有したいという方はたくさんいます。

 

もともと家を所有しているのであれば、新たに家を購入することなく、一部のリフォーム代だけですぐに賃貸できる点が大きなメリットでしょう。

 

ただ、入居者によっては家賃滞納があったりトラブルが起きたりというリスクもありますので、最初が肝心です。
入居の申込みがあった場合は、本人の属性や家族構成、連帯保証人などをしっかり確認し、場合によっては家賃保証会社を利用すると、後々安心でしょう。

 

住まなくなったからといって更地にすると、解体費もかかりますし、固定資産税も跳ね上がります。
よほど古い家で無い限り解体するのはおすすめできません。

 

また、一番悪いのは空き家のままにしておくことです。
家は空き家のままですと傷みますし、火災などの心配もあるからです。

 

ですから、長い目でみると済まなくなった持ち家は貸すのが一番だと思います。