全ての人にメリットがある空き家の活用法

最近の空き家問題に関する取り組みについて

 

最近は高齢化の影響などもあり、一人暮らしをしていた高齢者が亡くなりその土地が放置されたりといった事が、だんだん増えてきて社会問題になっているみたいですね。

そんな中更地や空き家のままというのは、出来るだけやらない方がいい選択肢だと思います。

 

最近はこれに関してはTVなどでも何度も取り上げられているのを見た事がありますが、こういう土地は不法投棄の場所になってしまったり、そのせいで悪臭の元になったり虫などが大量発生したりする事件が起きているそうです。

地域住民の迷惑にもなりかねないので、別の選択肢を選んだ方がいいと思います。

 

そうなると売るか貸すかという事になりますが、最近は土地を有効活用する為に貸すことが多いそうですね。

駐車場にして貸したり、マンションなどを建てて活用などといった手段もありますが、土地の規模によっては無理ですし、初期投資の費用も掛かります。

そこで最近注目されている手段の一つとして、空き家をお店を開きたい人に貸すという事があるそうです。

 

最近TVで見て少しうろ覚えなのですが、新しくお店を開きたい人に空き家を貸すと、自治体がリフォームの費用などを出してくれるそうです。

自治体は先に書いたような問題があり空き家を作りたくないし、貸す側はリフォームをしてもらえるので建物の老朽化問題などを気にする必要がなくなり、借りる側もお店を開く初期費用が安くなるなど、全ての人にメリットがあるそうです。

 

こういう例以外にも、自治体によっては空き家問題には色々な取り組みをしているみたいなので、一度その空き家の自治体がどの様な取り組みをしているのかを調べてから判断してもいいと思いますよ。

格安でも借りてもらうのが最良の手段

日本というのは夏場の湿度が高い為か、家屋の風通しをしないと家が傷むといわれています。
湿度が多いと繁殖するのがカビであり、カビはどんどん繁殖してゆくことになります。

 

更に、強風や台風、地震や場所によっての大雪といった自然災害の多い国であり、屋根瓦が落ちたり剥がされたりするとそこから雨水が入り込み家の躯体を腐食させ更に加速度的に悪化し、場合によっては隣家に迷惑をかけてしまいます。

 

人が住まないまま家を管理するには、時折出向いて行って風通しをして家の点検をしておく必要があります。
家は人が住んでアチラコチラを点検し修理することによって、数十年の歳月のシェルターとなることになります。

 

第一に考えられる事は賃貸として貸し出す事は可能かということです。
これは地域であるとか周りの交通や商店、学校病院などの状況にもよりますが、人が住んでいなくても固定資産税などの税金もかかってきます。

 

それだけを相殺できる収入があったほうがよく、格安でも借りてもらったほうが家の為にもよいということになります。
しかし、何か合っても、直ぐに出て行ってもらうというわけにも行かないのを理解しておく必要があります。

 

その他には、更地にするには解体費用や固定資産税が上がってしまう事もあり、いっその事売却してしまったほうが良いかもしれません。
しかし、日本の人口減少や未婚率の上昇もあってか、首都圏郊外でも空き家が目立ってきており早目に着手したほうがよいでしょう。

持ち家が長年空き家のままのときは貸家に

引っ越ししたり住んでいた高齢のご両親が亡くなったり、何らかの事情で住まなくなった持ち家が長年空き家のままと言う方は多いのではないでしょうか。

そんなときに空き家を解体して更地にしようとするとかなりの解体費用が掛かってしまいます。

 

建物にもよりますが数百万円掛かることもあり、持ち家の売却代金より解体費用のほうが多いことがあります。
さらに解体して更地にすると土地の固定資産税がかなり上がってしまいます。

 

将来的に法改正や条例制定があれば状況は変わりますが、固定資産税を考えると出来るだけ解体しないほうが良いのが現状です。

 

しかし空き家のままでも固定資産税は掛かり続けます。

さらに長年放置するとそのうち傷んできて壊れてしまい隣の家に迷惑をかけてしまう事があります。

 

空き家は犯罪者に悪用されることもあり周辺の治安が悪くなる可能性もあります。

解体が必要になるほど傷みが進む前にいったんリフォームして他の入居者に貸し出すと言う方法がおすすめです。

 

これなら解体費用を掛けて空き地にするより固定資産税は軽減されますし、入居者からの賃料が毎月入ることが期待できます。

傷みの程度によっては大きなリフォーム資金が必要ですが、リフォームローンをご利用して賃貸収入をその返済に充てると言う方法もあります。

 

その代わりに入居者が入ってくれないと賃料が入らないです。

綺麗にリフォームして魅力的な貸家に生まれ変わらせて、入居者が入ってくれるようにしたり賃料を抑えたり空き家にならない工夫が必要です。

空き家はビジネスになります

住まなくなった持ち家の有効な活用法

 

持ち家を持っているが今はもう誰も住んでいないのでどうしようか悩んでいるという方は、そのを持ち家を有効に活用するようにしましょう。

誰も住んでいない持ち家の活用法としていくつかありますが、その中でも特にお勧めと考えられる活用法は他の人に貸すというものです。

 

建っている場所や築年数によってどの程度の家賃になるかは変わってきますが、そのまま放っておくよりも人に貸してしまった方が家賃収入も得られてお得です。

特にその家のローンが残っている場合などは、積極的に貸しに出したほうが良いでしょう。

 

ただ、ローンを組んでいる持ち家を貸し出す際は金融機関に賃貸に出したいということを伝えることが必要です。

 

持ち家を賃貸に出すということはビジネスになります。

そのため、自分の持ち家だからといって適当に管理をするのではなく、設備の修理や交換などをしてより賃貸不動産としての価値を上げる努力も必要になるでしょう。

 

もちろんそのような努力が出来れば、持ち家を賃貸に出すのはとても有効な活用法だといえます。
他の選択肢としては売却をするというものもあります。

 

ただ、築年数が経っているものだと売却額が低くなるので、自分の持ち家がどのような状態なのかを把握しておくことが大切です。

しかし、売却をしてしまうとその家を失ってしまうことになるので、今後その家に再び戻って住むという選択が出来なくなります。

この点をしっかりと考えてから行う必要があるでしょう。

 

このような持ち家の活用法がありますので、しっかりと考えてから選択するようにしましょう。

借家として貸し出したほうがよいと思います。

空家のままにしておくのは、もったいないことです。
やはり借家にして、不動産収入を得るのが良いと思います。

 

長い期間、誰も住んでいない家なら、借家もなかなか借り手が見つからないかもしれません。
しかし、ご長男夫婦が暮らしていたのなら、家はきちんとメンテナンスされていたと思います。

 

人が住んでも住まなくても、固定資産税はかかってきます。
それを考えたら、何かしらの形で利用するのが得策ではないでしょうか。

 

立地条件にもよりますが、どんな場所でもニーズがあれば、借り手がつくと思います。
場所さえ良ければ、それなりに家賃が高くても借りたい人は出てきます。

 

それほど場所が良くないなら、家賃を低めに設定した方が、借りる側にとっては借りやすいと思います。

 

今ある家を壊すのにも、けっこうな費用がかかります。
住人がいなくなって、そのまま空き家で放置されている家をたまに見かけます。
しかし、家は人が住まないと、どんどん状態が悪くなっていくようです。

 

自治体によっては、空き家条例が定められているところもあります。
基本的には、空き家のままにしておくことはできないようです。

 

たとえ住まなくなった家でも、空き家として放置しておくのは良くないと思います。
借家にすれば、管理は不動産会社などの管理業者に任せておけます。

 

せっかくある資産です。
何もしないのは、非常にもったいない話です。

 

借家として活用すれば、誰かの役に立つかもしれないですし、不動産所得も得られます。
今ある資産をなるべく有効活用していきたいものですね。

リノベーションを行い空き家を活用

現代日本においては人口減少とともに、空き家の増加が各地で問題となっています。

無人の状態が続くと防犯の観点からもあまり良くはありません。

そこで住まなくなった持ち家はリノベーションを行って、賃料を生み出す優良物件にしましょう。

 

小規模の改装を行うリフォームとは異なり、リノベーションは大規模な工事を行うことになります。

そのため将来的に人へ貸すとして、まずは立地などから改装費用を十分に回収できるかを検討します。

 

公共交通機関の駅から遠くても、近くに大規模な商業施設が進出してきたり、再開発が行われたりすることで相場がアップしているケースもありますので、以前調査をしていたとしてもリノベーションを得意とする業者に依頼をして、再査定することをお勧めします。

 

相場から賃料の設定が決まればリノベーションの工事にとりかかります。

大黒柱を残して部屋の間取りを全て替えるなど内外装を大幅に現代チックにした方が、借り手がつきやすくなるものです。

特に断熱材などを壁に入れてエコな住宅にすると、光熱費を節約することができ借り手に喜ばれます。

 

人に空き家を貸すというのは管理の面で苦労すると思われがちですが、リノベーション事業を行う会社や不動産会社に全て任せてしまうことも可能であり、将来的に長男夫婦がもう一度住みたいと申し出た時も対応ができます。

手続きなども一任できますので、定期的に銀行口座へ賃料が振り込まれるのを待つだけで良いのです。

空き家対策は空き家バンクに依頼

日本でも深刻化しつつある空き家問題

 

家族が引っ越した後の空き家対策ですが、今そのまま放置している人も多く、そのままゴミが溜まって近隣に迷惑を掛けたり、悪戯による放火などが増えている事もあり、ニュースでも頻繁に取り上げられる程の社会問題になっているので早期に問題解決を図る事をお勧めします。

 

ズバリ空き家をどのように活用するか?ですが、家族の誰かが住むというのが一番良心的ですが、経済的に困っているなら賃貸物件にして家賃収入源にしたり、直ちに売却して現金化する方法もあります。

 

もし近い将来その空き家に誰かが住む予定が立っているなら短い期間なら空き家のままにしておいてもいいですが、固定資産税が掛かってくる問題もあるので、誰かが住居する見通しが立ってなければ、いっそ売却か賃貸にしてしまうほうが時間の無駄になりません。

 

長い期間空き家だった時期を経ても、我々が予想している以上に家屋は老朽化が進むものなので、仮に誰かが物件を気に入っても結局は全面リフォームか、建て替えを余儀なくされる恐れがあります。

 

そして敢えて更地にしておく、契約駐車場にする手もありますが、れっきとした建物がない限り、固定資産税が倍以上に膨れ上がるデメリットがあるので、やはり空き家は売却または貸すというのが最も賢い方法です。

 

最近は空き家対策として、(空き家バンク)というシステムを自治体で普及させている地域があり、他の地方から移住してくる予定のある人や地元住民に、インターネット上で空き家情報を公開して有効活用させています。

 

もし、どうしても空き家の処分方法に困っている場合は、この(空き家バンク)に問い合わせてみるのも良いかもしれません。

 

また予め空き家の査定を不動産会社に依頼し、その価値を見極めてから効率が良い売却方法をアドバイスして貰うなど、選択肢は様々あるので、空き家にするか悩んでいる人は是非相談してみましょう。

結論を先延ばしに出来るのが賃貸

私は東日本大震災で全壊した地域に住んでいました。
当時住んでいた家は今どうなっているか、ご想像できますでしょうか。

 

持ち主を失った家は傷んでしまって、廃墟のような状態になってしまいます。
空き家特有の匂いがあり、もう次の人が住む事は厳しくなります。

 

もし、あなたが持ち家をどうするか悩んでいる場合は、出来るだけ早く決断する事をお勧めします。

 

私がどうするか考えた場合は、空き家のままの選択肢はありません。
恐らく家を貸すことを選ぶと思います。

 

住む場所にもよりますが、賃貸にする事によって結論を先延ばしにすることが出来ます。

 

結果を急がなければ、今悩んでいる状態をじっくり時間をかけて考える事が出来ます。
もし、売った場合はその後に地価が高騰したりしたらショックを受けますので、売り時を間違えるとさんざんな目に合います。

 

貸していた場合は、出来るだけ信頼のできる相手に家を貸しましょう。
子供などがいる家庭に貸した場合は、家の損傷が激しくなるので次はもう貸す事が厳しくなるでしょう。

 

子供がいない世帯などに貸した場合は、家を丁寧に扱ってくれるので維持が簡単に出来ると思います。

 

私は、この家をいつかまたこういった形で自分に決められなくなる状態にならない状態で決めれるようになる事を願います。

その時はきっと後悔しないで決断できると思います。

人の住まなくなってしまった空き家のお得な運用方法

住む人間がいなくなってしまい空き家になってしまったお家はそのままにして置くのは選択肢から外した方がよいです。
そのまま誰もいない空き家にしておけば家が傷みやすくなりますし現在では放火やイタズラなどの危険性もありますから事前に回避しましょう。

 

ニュースなどで空き家を見極めて放火をしいてくる犯人もいますからせっかくの大事なお家がそんな事件に巻き込まれてしまっては後始末も大変です。
取り壊すのもお金がかかりますしそこまでの予算が出せるのならいいですがどうせなら資産を有効活用したいというのが人間です。

 

ではどうすればよいのかというとしばらく住む予定がないのなら貸家にしてみてはいかがでしょうか。
貸家にすれば当然入りたい人が入ってくれますから痛みも少なくなりますし家賃収入があるだけでも生活は大分楽になります。

 

例えば一月十万円で空き家を貸せたとすると一年貸せたら百二十万円と大きな金額になってきます。
その資金を元に固定資産税にあててもいいですし車や身の回りのものを買い換える費用にするのもよいでしょう。

 

ご存知の通り銀行に預けても低金利ですからなまじ銀行にそのまま預金しているよりもはるかによい資産運用の仕方だと思います。
上手に資産運用をするためには家族で話し合って方向性を出す必要があります。

 

自分たちにとってどのような運用の仕方が最適などうか話し合ってみてから考えてみるのも一つの方法なのでした。

空き家は貸し出して、家賃収入を得る

今現在、空き家となっているというのはかなり勿体ないと思います。
家というのは人が誰も住んでいなくても、それなりに換気などのお手入れをしていないと傷んでしまうからです。

それならば、敢えて誰かに住んでもらう事が得策といるでしょう。

 

せっかくの持ち家を、すぐに売却したり更地にしてしまうのは、何となく勿体ないという気持ちもあると思います。

それならば早々と手放すのではなく、賃貸物件として貸し出しておく方が利便性が高いでしょう。

 

中古物件の資産価値などもあるので、一度不動産に査定をお願いして色々と尋ねてみる事が一番良い考えかと思います。
今では、敢えて空き家となった家を貸し出して、家賃収入を得るという考えで大家となっている人も大く見受けられます。

家賃収入があると、プラスに収入が得られるので徳をしている人もいるからです。

 

また、空き家となっている家とは言っても、維持費が掛かっています。

この維持費がバカにならない金額なので、それならばプラスに作用するであろう賃貸として貸し出し、家賃収入を得る事が良い考えであると思います。

 

理由はどうであれ、持ち家を完全に手放す事は、それなりに決意が必要だと思います。

売却で得られる金額もありますが、まだまだ決断出来ない様であれば、取り敢えず貸し出してみてはいかがでしょうか。

 

とにかく、維持費だけでマイナスの状態というのは早々に抜け出した方が良いでしょう。