ビットコインの次はライトコインで決まり

最近様々なメディアで目にするようになった仮想通貨。一昔前と比べると、使えるシーンは驚くほど増えており、投資的な使い道のみならず、決済としての使い道も同様に確立されつつあります。

 

おそらく、今後は使えるシーンは加速度的に増加していき、いずれは私たちの生活になくてはならない存在となっていくことでしょう。ちなみに、そんな仮想通貨の筆頭的な存在といえば、何といってもビットコインです。

 

前述したように、仮想通貨を様々なメディアで目にするわけですが、そのほとんどでビットコインが取り上げられているのです。なので、実際にビットコインを運用されている方も多いのではないでしょうか。

 

さて、そんな仮想通貨でありますが、何もビットコインだけではありません。イーサリアム(時価総額2位)やリップル(3位)などといったあたりがビットコインに追いつけ追い越せとばかりに急成長を遂げているのです。なかでも今現在第4位のライトコインの勢いからは目が離せません。

 

上位3つの仮想通貨の勢いに乗じて、ジワリジワリとその価値を伸ばし続けており、あと数年もすれば、リップルやイーサリアムの立ち位置を脅かす存在となるかもしれません。なので、投資的な意味合いで仮想通貨を運用しようと考えている方ならば、今後の成長に期待してライトコインを保有しておくのも一つの手ですね。

 

もちろん、上位3つの仮想通貨と併用すれば、(臨機応変に対応できるという点においては)より一層有意義な運用が実現すると思いますので、選択肢の一つに入れておくべきです。

岡山に引っ越すなら倉敷市中庄がおすすめ

岡山県は「晴れの国」と言われており、気候的には住みやすい土地環境です。
中でも引っ越すのにおすすめの地域は倉敷市です。アウトレットモールやイオンモールなどがあり、商業施設が充実しています。

 

もちろん、スーパーも倉敷駅周辺にはいくつかあるので、何かと毎日の買い出しにも便利です。倉敷駅から10分程度離れたところには、全国的にみても、規模の大きい倉敷中央病院があります。いざという時にも安心です。

家賃相場は1Kや1DKが4.31万円となっていますので、比較的安くて借りやすいです。岡山市内の家賃と比べても、倉敷市の方が若干安い相場となっています。

 

倉敷市はかなり広い街なのですが、特におすすめなのは中庄です。中庄は岡山市と倉敷市の間にある街で、JR中庄駅から10~15分ぐらいで岡山駅、5~10分程度で倉敷駅まで行くことができます。川崎医科大学付属病院という大きな病院もあるので、何かあった時にも安心です。

 

また、大学や高校など学生さんが多く活気があり、治安のいい土地柄なので一人暮らしにも向いています。24時間スーパーがあったり、飲食店も建ち並んでいるので、ひとけが常にあるのも安心です。

 

何より、都会過ぎず、田舎過ぎないといったちょうどいい街並みが広がっているので、かなり住みやすい地域だと言えます。倉敷中庄は岡山市に近いということもあって交通の便もいいですし、スーパーやコンビニ、大型ショッピングモールなども充実しているので、住みやすい利点が多いです。

群馬で住むのにおすすめの場所

これから群馬に引越しをしようと思っている人もいるかと思います。そういう方の中には群馬のどこに引っ越したら良いかと思っている人も多いかと思います。

 

そういう方におすすめしたいのが伊勢崎市になります。
特に伊勢崎市の中でも旧伊勢崎市の南部はスーパー等も多くて生活にすごく便利です。

 

なにより、ここらへんにあるスーパーの物価は安いです。
また同じ群馬県にある前橋市や高崎市と比べても家賃も安いです。

これから群馬で一人暮らしをするという人にとってはコンビニなども多くて一人暮らしにもすごく便利です。

 

東京に行きたいと思った時は高崎線の本庄駅まで車で15分くらいになります。本庄駅の駐車場は高崎駅前の駐車場よりもずっと安いです。

また伊勢崎駅に行けば車を上手く使えば交通の便はかなり良いです。また伊勢崎駅の前の駐車場もそれほど高くはないです。

 

また群馬の中でも前橋や高崎は伊勢崎と比べると店の数も少なくて車も結構渋滞しているのであまりおすすめしません。

なので、これから群馬に引越しをしようと思うなら伊勢崎市の南部がかなりおすすめです。

 

ただし、群馬は車社会なのでどこに住むにしても車が必須になります。

 

そうしないと、群馬で住むのにかなり不便になります。
なので、群馬で住むなら伊勢崎市が一番であるのは間違いないですが、その際には必ず車で移動をする事を前提にして引越しをする必要があります。

 

そうすれば伊勢崎市で快適な一人暮らしが可能になります。

レオパレス21っておしゃれ?

レオパレス21といえば賃貸物件として有名ですが、マンスリーマンションや賃貸アパートなどのとり扱いもしっかりとあります。

しかもCMでも頻繁に見かけますが、安心さやおしゃれな物も揃えているので、女性に本当にオススメです。

 

特に女性にとって一番の不安要素は「防犯」ですよね。

レオパレス21は防犯にはかなり気を使っていて在宅時も留守のときにも防犯システムが作動します。

いろいろなセンサーが発動し、また緊急時の不審者などの通報や、火災、ガス漏れもボタンひとつです。

 

さらに高齢のひとり暮しの場合でも契約をすればライフセンサーサービスがつけられるので、一人で倒れてしまったときにも安心です。

物件によっては2階以上の高さを選べるので安心ですね。

 

さらに女性のひとり暮しだと、こだわりたいのが内装です。

賃貸物件ではなかなか壁紙やDIYって難しいのですが、レオパレス21なら大丈夫です。

なんと壁一面の壁紙を無料で変更できるプランがあります。

 

空のようなスカイブルーやあわいピンク色、かわいい花柄や落ち着いた木目など好きなように自由に選べる壁紙の種類がとても充実しています。

変更した壁紙には、なんとピンタイプの棚などの取り付けや、素敵なウォールステッカーも自由にできるのでお部屋をデコれます。

 

さらにうれしいのが設備です。

特にこだわりたい「バストイレ別」などはもちろん、「浴室乾燥機付き」、なども選べちゃいます。

見た目も居心地もよい空間を素敵に作れるのがレオパレス21です。

女性の一人暮らしに失敗しない賃貸物件の探し方

まず知っておかなければならないのは女性の一人暮らしには男性の一人暮らしと比べると危険がいっぱいあるということです。恐れてばかりいる必要は必ずしもありませんが、避けられる危険はあらかじめ避けておく工夫が必要です。避けられる危険を避けるという意味では、女性の一人暮らしにとって安全性の高い賃貸物件を探すことがもっとも効果があると言っていいでしょう。

 

女性にとって安全性の高い賃貸物件を探すにはまず2つのことをしっかりと心がけましょう。
一つ目は賃貸物件のある地域に注目すべきです。具体的に言えば治安が良いと言われている地域にある賃貸物件から探すこととなります。近くに繁華街や歓楽街がない、通勤や通学で利用する道は店舗や街灯があり夜でも人通りがある、最寄りの交通機関からあまり時間がかからない、などです。100%犯罪のない地域はありませんが、治安の良い地域はしっかりと存在しています。

 

もう一つは賃貸物件のセキュリティがどうなっているかです。最近では一人暮らしの女性用のセキュリティを重視した賃貸物件もありますが、賃貸料が割高になっていることも多いです。しかし、賃貸料が割高であったとしてもそのような賃貸物件があればまずはそのような賃貸物件を優先的に検討することです。

 

費用の関係でそのような賃貸物件は難しいという場合には、窓やドアには自分でできるようなセキュリティ対策を施すようにすることである程度は安全性は上がります。

新潟市中央区がいい!

新潟市内で一番住みやすい場所はやはり中央区だと思います。車がなくても生活できるのはここしかありません。他の地区は車がないと買い物など不便です。中央区の中でもオススメなのが白山駅周辺です。

 

この辺りは新潟市内でも比較的家賃が安いことで知られています。新潟駅までは電車で一駅で行くことができますので、買い物などの心配もしなくて良い場所にあります。また白山駅周辺には総合病院もあり医療面でも充実しています。

 

引っ越し先でどこに病院があるかわからないというのはとても不安だと思いますが、白山駅周辺い住んでいればいつでも病院に行くことができるので安心かと思います。また近くには総合運動公園や県民会館などの施設もあります。

 

その付近には市役所もありますので、わざわざバスに乗っていくことがないという点もオススメです。白山駅周辺は大学などもあるためアパートも多いですし住宅街が沢山あります。そのため防犯の面でも安心して住める場所です。

 

スーパーマーケットが近くにない点だけ不便ですが、新潟駅にも関屋駅にも電車で一駅で着く場所なのでどちらかに迎えばスーパーがあります。一駅ですので歩けない距離ではないですし、冬場以外は自転車なども有効活用できますので運動不足解消にもなりいいと思います。

 

とにかく家賃を抑えたいと思うなら白山駅が中央区の中では一番と言っていくらい家賃が安いです。家賃が安いという点はとても重要だと思いますので、やはり白山駅をお勧めします。

電力自由化で電気料金は安くなるのか?

多くの方が関心がある電力自由化による電気料金の節約ですが
多くの方が関心がある中でなかなか今の電力会社から他の電力会社に乗り換えていないという現実があります。

 

それはどうしてかというと、決して電力自由化で他の電力会社に乗り換えて電気代が安くならないという事ではないです。

電気代が今よりも安くはなるのですが、その仕組みが複雑で年間いくらくらい今よりも電気代が安くなるか分からないというのがあって電力自由化でも他の電力会社に乗り換えないうのがあります。

 

では、実際にどういう人が電力自由化でこれまで入っていた電力会社から他の電力会社にした方が良いのかというと、
それは電気を沢山使用する単身世帯以外の世帯です。

この場合は年間の電気代が数千円から1万数千円くらいは安くなります。

 

なので、単身世帯以外で一戸建ての家は今の電力会社から別の電力会社に乗り換えた方がお得になります。

ただ、この際に少し気を付ける点があります。
それは一体何かというと、乗り換える電力会社のプランがどういうものかちゃんと把握する必要があるという点です。

 

そうしないと、適当にプランを選んで乗り換えた時に
逆に今よりも損をする事もあるからです。

なので、ちゃんと電力会社を乗り換えて電気代を安くしたいと思うならその乗り換え先の電力会社のプランがどういうものか理解した上で本当に電気代が安くなるか見極めてから乗り換えるのが大事になります。

 

そこをしっかりやれば電気代を安くできます。

埼玉で住みやすいのは川口市です

川口市は都心からとても近く、駅前もたくさんのお店やデパートがあり買い物に便利で住みやすいです。24時間のスーパーもあるので忙しい社会人にもぴったりの地区といえます。隣の駅は北区の赤羽で、そこから埼京線を使えば4つめの駅は池袋、その次は新宿と大変便利な市です。

 

駅を降りたら改札は一つですが、右に行けばデパートのそごうを始め色々なお店がたくさんあり賑やかです。駅前には交番もあります。お店は洋服や雑貨、日用品、書籍なんでもあり、生活に事足りる環境が揃っています。改札を出て左の方は川口リリアホールといった様々な音楽イベントや企画が行われる有名なホールがあります。

 

音楽教室やスポーツクラブも入っているので文化的にも楽しめる要素が満載です。川口は電車ですと京浜東北線が走っていますが、終点の大宮までもすぐ近いです。途中の浦和駅や、さいたま新都心駅もすぐに行けるので都内からも近くて埼玉の主要な駅からも近く不便を感じないので生活が彩られること間違いないです。

 

また、治安も本当に良く女性の独り暮らしでも住みやすさが分かります。駅前でしたら夜でも明るく街並みも整備されているのでとても歩きやすい町です。東口はタクシーもたくさん出ておりますので、タクシーも利用しやすく遠出の際にはとても便利です。川口は緑で有名なグリーンセンターがあることから駅前も可愛らしいお花が飾ってあったり品のある像が飾ってあったりと大変愛らしい駅です。

初めは信頼できる不動産仲介会社探しから始めよう

不動産を売却するには、買主を見つけなければなりません。
この時に利用するのが、中古不動産の仲介業務を仕事とする、不動産仲介会社です。
従って、まずは不動産仲介会社に依頼しなければなりません。

 

しかし、不動産仲介会社は大手から中小まで多数あり、どの不動産仲介会社が良いのか、なかなか判断出来ないと思います。
そのような時は、実際に不動産仲介会社を回ってみることをお勧めします。
実際にお店を訪問することで、その会社の雰囲気や営業マンの営業姿勢などが見えてくるからです。

 

そして、ある程度納得がいく不動産仲介会社が見つかったら、その不動産仲介会社と専属専任媒介契約を結びます。
宅建業法では、3つの媒介契約が定められています。上記以外に専任媒介契約と一般媒介契約です。専属専任媒介契約は、不動産の仲介をその1社に任せるものですが、不動産仲介会社にとっては顧客が信頼して指名してくれた証であり、自然と営業活動にも力が入ります。

 

また、不動産仲介会社の査定金額は出来るだけ尊重したほうが、結果的に早く高く売れることが多いです。
不動産仲介会社では、指定流通機構(レインズ)に物件の登録などが義務づけられています。

 

故に、過去にそのマンションがいくらで売れたか全て把握しており、そこから現在の需要と供給のバランスを考慮して査定額を出します。
言わば査定額は、その不動産仲介会社の腕の見せ所でもあり、大抵はその査定額で成約することが多いからです。

 

このように考えると、不動産仲介会社の果たす役割が大きいことが、ご納得頂けたと思います。不動産をなるべく高く売るには、まずは行動することが大切です。

持ち家を売りに出したときに感じた事

我が家の実家は駅からは近かったのですが、郊外にありました。
両親は高齢になりつつあるので、総合病院にも近くて車がなくても生活がしやすい場所への転居を考えていました。

 

そのためには、まずは持ち家を売りに出さないといけません。
とは言っても不動産関係の知り合いがいるわけではないので、複数の不動産屋さんに電話で問い合わせました。
高齢な両親だけだと心配でしたので、不動産屋さんが自宅を査定する時は主人にも立ち合ってもらいました。

 

大手チェーン展開されている不動産屋さんと、地域密着型の不動産屋さんと査定してもらいました。
査定してもらった金額は大差はありませんでした。

 

地元の不動産屋さんの方が、相談に乗ってもらいやすく話しやすかったのでこちらでお願いすることにしました。
地元の不動産屋さんだけあって広告以外にも色々なつながりがあるようで、今回売りに出した実家の近隣に住んでいる方の息子さん家族が実家近隣で探していると情報を入手されました。その後、不動産屋さんは地元の両親宅に今回売りに出した私の実家の資料を持って訪れました。

 

すると息子さん家族は近隣で見つからないので隣町の物件に妥協しようか悩んでいる時だったため、とても喜ばれたそうです。翌日に快諾されて即買い手が決まりました。
当初売り値は値引き交渉などで下がると思っていましたが、値引きもほぼなくスムーズに売買手続きができました。

 

家を売る時はタイミングが大事だと聞いたことがありますが、本当に今回はタイミングの良さでスムーズに手続きが出来たんだと実感しました。