都心のマンションは条件によって購入が適しているか賃貸が適しているか変わる

都心のマンションは賃貸の数が多いので賃貸契約をして生活を送っている人もたくさんいます。賃貸契約をする時は購入する時に比べて初期費用が少なくて済むというのがメリットになります。

 

分譲マンションを購入する場合だと初期費用が100万円ぐらい必要になりますが、賃貸契約をする場合は10万円ぐらいで済んでしまうので手軽さで考えると賃貸契約の方がいいです。しかし長い期間同じマンションに住むという場合は分譲マンションを購入する方がいい場合もあります。

 

都心の賃貸マンションの家賃は基本的に高いので月々の出費はそれなりにあります。特に賃貸の高層マンションなどに住む場合は購入する時と同じぐらいの費用がかかってしまうという場合もあります。しかも家賃というのは住んでいる間は支払い続けなければいけないので長い期間同じマンションに住むという場合は賃貸契約だと損してしまう可能性もあります。

 

都心のマンションは田舎とは違って高層マンションから小規模のマンションまで幅広くあります。そのためどのようなマンションに住みたいかで異なってくる事もあります。賃貸契約をして住む場合は出来るだけ家賃が安いマンションがいいので小規模のマンションには適していますが、家賃が高い高層マンションは適していません。家賃が高いマンションと賃貸契約をするのであれば分譲マンションの購入を検討した方がいいです。

 

都心の分譲マンションは防犯カメラ、オートロックなどセキュリティは万全でしかも管理人も在中しているので安全性は高いです。しかし賃貸マンションの場合は防犯カメラ、オートロックなどセキュリティは万全でも管理人が常に在中しているわけではないので安全性を考えると分譲マンションを購入した方がいいです。

マンションを賃貸するか購入するべきか?

マンション物件の際に決断の難しい問題があります。それはマンションは賃貸で借りるべきか、それとも購入するべきかという点です。今日はそれぞれのメリットを記し、判断する際の参考にしていただきたいと思います。

 

まず賃貸物件の場合のメリットは初期費用がそれほどかからないという点です。ですので、貯金を崩すことなく住むことができます。さらに毎年の税金もすべて管理費、家賃に含まれているので、支出をおさえることができます。

 

一方で、購入する場合には初期費用が必要となります。当然、毎年の税金も自分で負担しますので毎年一定の支出が生じます。とはいえ、メリットもあります。それは住宅ローンを利用すると減税の恩恵を受けることができるという点です。そして、最大のメリットは支払った分、マンションという資産を自分のものにすることができるという点です。

 

以上の点を踏まえた上で、どのように判断することができるのでしょうか。まず大切なポイントは年齢です。もし今20代、30代であればマンションを賃貸するよりも、購入するほうがメリットが大きいです。なぜなら、若いうちならば住宅ローンを組みやすいからです。しかし、すでに50代になっているのであれば、購入するためにはかなりの資金が必要となります。

 

そして、もう一つのポイントは老後の生活です。仕事を退職してからの家計のやりくりを今からある程度計算してみて、どれほど住宅費に回せるかを把握しておく必要があります。仮に、老後の蓄えができない場合、もしマンションを購入してしまうと修繕、リフォームが必要なときに資金が工面できないことになりますので、賃貸のほうが安定して住むことができるかもしれません。

【マンション選びで迷っている人へ】契約前に知っておきたいこと