初めは信頼できる不動産仲介会社探しから始めよう

不動産を売却するには、買主を見つけなければなりません。
この時に利用するのが、中古不動産の仲介業務を仕事とする、不動産仲介会社です。
従って、まずは不動産仲介会社に依頼しなければなりません。

 

しかし、不動産仲介会社は大手から中小まで多数あり、どの不動産仲介会社が良いのか、なかなか判断出来ないと思います。
そのような時は、実際に不動産仲介会社を回ってみることをお勧めします。
実際にお店を訪問することで、その会社の雰囲気や営業マンの営業姿勢などが見えてくるからです。

 

そして、ある程度納得がいく不動産仲介会社が見つかったら、その不動産仲介会社と専属専任媒介契約を結びます。
宅建業法では、3つの媒介契約が定められています。上記以外に専任媒介契約と一般媒介契約です。専属専任媒介契約は、不動産の仲介をその1社に任せるものですが、不動産仲介会社にとっては顧客が信頼して指名してくれた証であり、自然と営業活動にも力が入ります。

 

また、不動産仲介会社の査定金額は出来るだけ尊重したほうが、結果的に早く高く売れることが多いです。
不動産仲介会社では、指定流通機構(レインズ)に物件の登録などが義務づけられています。

 

故に、過去にそのマンションがいくらで売れたか全て把握しており、そこから現在の需要と供給のバランスを考慮して査定額を出します。
言わば査定額は、その不動産仲介会社の腕の見せ所でもあり、大抵はその査定額で成約することが多いからです。

 

このように考えると、不動産仲介会社の果たす役割が大きいことが、ご納得頂けたと思います。不動産をなるべく高く売るには、まずは行動することが大切です。