住まなくなった持ち家をどうするか3つの選択

住まなくなった持ち家をどうするかにはいろいろな方法があります。
売る方法」、「空き家にする方法」、「貸す方法」など。

 

いろいろな選択肢があるなかで自分にあった方法を選択することがいいのではないかと思いますが、それぞれにメリットやデメリットも存在することも事実です。

 

売る

 

不動産を売る場合は完全に手放してしまうことになるので、建物を維持することもなく、精神的に楽になります。
住宅ローンが残っていれば、一気に清算する必要がありますが、住宅ローンがなければこの方法はひとつの手段になるのではないでしょうか。

 

購入価格よりも売却価格が高くなるケースはごくまれなので、その点もしっかり抑えておかなければいけません。
売却する場合には、しっかりと査定して売却価格を見極めることが必須になります。

 

空き家維持

 

空き家として維持する場合は、住みたくなったらいつでも住むことはできますが、長いこと誰も住んでいなければ、建物の劣化なども気になるところです。

住んでいない間もちょくちょく来て、管理をすることが大事になります。

管理をするためには維持費も若干かかるのでその点でも気をつけなければいけません。

 

貸す

 

貸す場合には、家賃収入のメリットがありますが、家賃滞納などのリスクもあるので信用できる人に貸すようにしたほうが無難です。

家を貸すことによって収入を得ようと考えている人だと、空室期間は収入がないと言った問題も発生するのでその点も把握しておかなければいけません。