借家として貸し出したほうがよいと思います。

空家のままにしておくのは、もったいないことです。
やはり借家にして、不動産収入を得るのが良いと思います。

 

長い期間、誰も住んでいない家なら、借家もなかなか借り手が見つからないかもしれません。
しかし、ご長男夫婦が暮らしていたのなら、家はきちんとメンテナンスされていたと思います。

 

人が住んでも住まなくても、固定資産税はかかってきます。
それを考えたら、何かしらの形で利用するのが得策ではないでしょうか。

 

立地条件にもよりますが、どんな場所でもニーズがあれば、借り手がつくと思います。
場所さえ良ければ、それなりに家賃が高くても借りたい人は出てきます。

 

それほど場所が良くないなら、家賃を低めに設定した方が、借りる側にとっては借りやすいと思います。

 

今ある家を壊すのにも、けっこうな費用がかかります。
住人がいなくなって、そのまま空き家で放置されている家をたまに見かけます。
しかし、家は人が住まないと、どんどん状態が悪くなっていくようです。

 

自治体によっては、空き家条例が定められているところもあります。
基本的には、空き家のままにしておくことはできないようです。

 

たとえ住まなくなった家でも、空き家として放置しておくのは良くないと思います。
借家にすれば、管理は不動産会社などの管理業者に任せておけます。

 

せっかくある資産です。
何もしないのは、非常にもったいない話です。

 

借家として活用すれば、誰かの役に立つかもしれないですし、不動産所得も得られます。
今ある資産をなるべく有効活用していきたいものですね。